トップ

布ナプキンは安心素材

紙ナプキンの正体は?

従来のナプキンが引き起こすこと

<経皮毒が身体に害を与える>
日常的に使用しているものに含まれる身体にとって良くない化学物質が、皮膚から吸収されることを経皮毒と言います。薬でもありますが、湿布薬や咳止めに使われるホクナリンテープなどは薬の成分が皮膚から体内に吸収されることで効果を発揮します。それと同じように有害物質も皮膚から体内に吸収してしまいます。

口から悪いものが入った場合、肝臓や腎臓が解毒したあとに排泄物として体外へ排出されます。しかし皮膚から入った有害物質の経皮毒の場合は、出口がないため90%が身体に蓄積されてしまいます。
シャンプーや化粧品も多くの化学物質を含んでいて使うことにより、経皮毒として皮膚から化学物質を吸収していますが、同じように女性が生理の時に使用する紙ナプキンも有害物質を含むため経皮毒になります。

<紙ナプキンは化学物質で作られたナプキン>
使い捨てで便利なケミカルナプキンは、ポリエチレン、ポリエステルなどの石油素材から作られています。ですので、ただでさえ肌がデリケートになっている生理の時に、かぶれてしまった経験がある人も少なくありません。

この真っ白なこのナプキンは塩素系の漂白剤で漂白されています。中には人工合成香料の使われているナプキンもあります。
薄いナプキンが経血をしっかり吸収して漏れないのは高分子吸収体ポリマーが使われているからです。高分子吸収体ポリマーがどんどん経血を吸収するため、人間の身体はどんどん血を出そうとします。冷えピタにも使われているこの高分子吸収体ポリマーは身体を冷やし、出血の量を増やすため生理痛を悪化させる原因にもなります。

そしてケミカルナプキンの有害物質が経皮毒として体内に少しずつ吸収されることで、子宮内膜症を引き起こす原因になる可能性があるとも言われています。身体を冷やすことで生理不順や生理痛がひどくなることや、不妊の原因にもつながっていきます。
これらの害についての十分な科学的実証データはありませんが、ケミカルナプキンに違和感を持っているという人は、ケミカルナプキンではなく布ナプキンを使うということを考えてみてはどうでしょうか。

Copyright © 紙ナプキンの正体は?. All rights reserved.